4月 24, 2024
アンダーカバー(UNDERCOVER)が2016年春夏メンズコレクションを発表した。テーマは「THE GREATEST」。25周年を迎えた今季、デザイナーの高橋盾が取り組んだのは、これまでの代表的なア...

ヴェルサーチ

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

VERSACE スーパーコピーn級品通販店舗、2023年最新作ヴェルサーチェコピージャケット登場、品質保証、通関対策、信頼できる優良店舗ヴェルサーチェ偽物Tシャツ、VERSACEコピービーチパンツ新作取り揃える100%届く安心安全サイト、24時間以内に対応、割引セール、激安価格ヴェルサーチ ベルト コピー

ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V
メンズファッション » バッグカバン » ショルダーバッグ
【素材】
素材:コットン 100%
裏地:コットン 100%
トリム:カーフ レザー 100%
サイズ:
18.0cm 15.0cm 6.0cm
【仕様】
ヴェルサーチェ オールオーバー ロゴプリント
キャンバス地製
コンパクトなベルトバッグ
調節可能なジャカード織りのグレカストラップ
ロゴパッチ
内部に3つのカードスロット
トップのジッパー留め
バックル留め
推奨商品住所:https://www.replicajp.com/p-12867.html

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチ オールオーバー ベルトバッグ 偽物 1009333-1A06766_5BA3V

アンダーカバー(UNDERCOVER)が2016年春夏メンズコレクションを発表したテーマは「THE GREATEST」25周年を迎えた今季、デザイナーの高橋盾が取り組んだのは、これまでの代表的なアイテムに今の空気を加えた、新たなアーカイブコレクションを作ることだった

ブランド設立が1990年そして1994年にコレクションをスタートしてから43シーズンが経ち、これまでの服作りを総括した今シーズンまず彼が行ったのは、その数あるコレクションの中から、特に象徴的なシーズンを選ぶこと裏原ブームの真っただ中に生まれた1997-98年秋冬「LEAF」に始まり、イアンカーティスのフェイスグラフィックを使用した1998-1999年秋冬「EXCANGE」、レリーフ加工により「アタリ」を表現した1999年春夏「RELIEF」と、時系列的にコレクションを並べていく様子は、これまでのアンダーカバーの歴史を駆け足で振り返る走馬灯のようでもある

ただし単なるアーカイブコレクションにとどまらず、今っぽさを意識的に加えていることは、常にカルチャーとモードの交差点を模索し続けるアンダーカバーらしさでもあるだろう特に今季目を引くのが、2015年に新作公開を予定している映画「スターウォーズ」のグラフィックやフォントだ例えば、ジャケットやブルゾンにはジェダイの戦士やダースベイダー、赤いライトセーバーが描かれたグラフィックが、バッグやキャップ、Tシャツなどには「REBELS」「SITH」「JEDI」といったフォントが落とし込まれ、スターウォーズファンなら誰しもが目を留めるようなアイテムの数々が、惜しげもなくラインナップしたヴェルサーチ スーツ コピー

90年代後半の裏原宿ブームを牽引し、2003年からはパリコレクションでショーを発表、一躍トップブランドへと上り詰めたアンダーカバーそうした中で、今季のようにコレクションの歴史をたどる機会に触れると、高橋の生み出す個性的なスタイルは、デザイナー自らの強烈な嗜好によって形作られていることに気づく

その姿勢はスタッズの打ち込まれたライダースジャケットからも分かるし、独自の加工を施したスリムなデニムからも分かるそして最もそれを象徴するのが、アイテムに散りばめられている言葉だ今季のコレクションでいうと、トーキングヘッズの名曲「PSYCHO KILLER」やフランクザッパの曲「BRAIN POLICE」、ドイツのプログレバンドカン(CAN)の「Future Days」といった音楽に関する言葉に加えて、映画『タクシードライバー』での名ゼリフ「You takin’ to  me?」など映画や音楽といったカルチャーをこよなく愛する彼ならではのメッセージが、随所に散りばめられているのである

カルチャーをファッションの文脈で捉えることこれまで貫かれてきたアンダーカバーのアイデンティは、こう言い換えることができるように感じるしかし、本当にそれだけだろうか服を通して自身の好むカルチャーを、世の中に体感してもらうこと、すなわちカルチャーとファッションの架け橋になることを、意図しているようにも思えるのだ