6月 13, 2024
カラー(kolor)は、2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表した。今季のカラーは、整然とした衣服の中に歪みや壊れのディテールをあえて作り出し、破壊を含んだ上での全体的な“美しさ”を...

クリスチャンルブタン

カラー(kolor)は、2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを発表した

“破壊”を内包した美しさ

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真6

今季のカラーは、整然とした衣服の中に歪みや壊れのディテールをあえて作り出し、破壊を含んだ上での全体的な“美しさ”を構築する試みを実践アンバランスな要素をあえて均衡の中に組み込み、衝突させずになじませていく絶妙なバランス感がポイントだ

カットアウトやインサイドアウトによる歪み

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真1

例えば、アイキャッチなレッドのコートは、左右でまったく異なるデザイン端正に仕立てた左身頃に対し、右身頃は大胆に布地を切り落とし、裏地が表に出ていたり、繕うようにして袖にファーがあしらわれていたりするそればかりでなく、艶やかな光沢感の生地やプリーツシフォンを大胆に用いてドレスのようなディテールをプラス身にまとった時にもそれぞれの要素が分散したり偏って見えたりすることなく、一体感を保っている同時に、壊れ、歪んでいる部分からはどこか“力強さ”も感じられるルブタン 偽物 財布

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真9

また、大きめのトグルが目を引くメンズのダッフルコートや、カラーから初登場となるオーバーオールには、一部の表地と裏地を引き離し、裏地や縫い目をあえて見せるようなデザインを採用ルブタン コピー 靴

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真25

袖を取り払ったジャケットは、本来隠れているはずの裏地のみが残され、従来あった表地の替わりに袖としての役割を果たしているさらに、左右で極端に丈の長さが異なるパンツや、切り込みを入れることで裏側の構造を露わにしたジャケットなども登場キジマタカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)とのコラボレーションハットは、ブリムの一部がロゴの形にカットアウトされている

崩れ/ドッキング

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真36

こうした形の“歪み”や“崩れ”を生み出すディテールに加え、ニット地の襟を配したコートや、スポーティーな素材を接ぎ合わせたウール地のブルゾン、カーディガンとジャケットを組み合わせたアウターなど、カラーの得意とする異なる要素同士のドッキングデザインも随所に散りばめられている

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真47

“崩れ”とドッキング、似ているようで異なる2つの手法を織り交ぜながら、それぞれの服が緻密に構築されているのが印象的だいずれも共通しているのは、ベースとなるシルエットがごくシンプルで端正であること基盤となる整った造形があってこそ、崩れやほつれといった“異質”な要素が全体を構成する一部として機能している

立体的なシルエット

カラー 2022-23年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション - “あえて壊す”美しさの追求|写真42

加えて、立体感のあるシルエットも特徴的だ裏地にシアリングを配したデニムジャケットは、パリッとした厚みによって身体をすっぽりと覆うようなシルエットにチェスターコートや袖にボリュームを持たせたブルゾンなど、丸みを帯びたシルエットも散見されている全体的にしっかりとした感触の素材が多く用いられており、ウール地をはじめ、ボンディング素材やダンボールニット、コーデュロイ、高密度のスウェット地など、ハリのある素材が立体的な造形を支えている