4月 24, 2024
セドリック シャルリエ(CÉDRIC CHARLIER)がパリ・ファッション・ウィークにて、2015-16年秋冬コレクションを発表した。 ショーが行われたのは寒さ残る3月はじめ。そしてコレクションのシ...

セドリック シャルリエ(CÉDRIC CHARLIER)がパリファッションウィークにて、2015-16年秋冬コレクションを発表した

 

ショーが行われたのは寒さ残る3月はじめそしてコレクションのシーズンも秋冬だただ、会場となったセーヌ川沿い、パレドトーキョーには、まるで春の訪れを感じさせるような、フレッシュな風が吹いていたアルマーニ コピー 通販ロングコートに、ネイビーとバーガンディーが切り替えられたパンツ、スリッポンのようなヒール設置された真っ白なランウェイに、そうした出で立ちのモデルが現れたとき、誰もがその春の予兆を感じずにはいられなかったことだろうエンポリオ アルマーニ スーパー コピー

 

今季のコレクション、ネイビーやブラウン、バーガンディといった抑えめなカラーとともに、ポイントとして、あるいは全身に、ホワイトやサーモンピンク、グリーンといったフレッシュなカラーが取り入れられているもともとミニマルなカッティングには定評のあったセドリック シャルリエ今回はベルトやカッティングにより、ウエストにポイントをもたせたものが多いが、その無駄のないシルエットデザインと、軽くも華やかなカラーリングが相まって、品の良い爽やかさが、たちまち空間を満たしていく

 

素材感にチャーミングな工夫がなされていることも、見逃してはならないだろうその工夫とは、光沢素材をポイントで取り入れることショーが進むにつれ、時々パテントレザーで覆われたシューズだけでなはない、コートやジャケットのインナーが、照明の光を反射していることに気がつくそれは比翼シャツであったり、ジップアップのブルゾンのようなデザインであったりするが、いずれもシンプルなコーディネートにほどよくアクセントをプラスそして終盤には、スパンコールで仕上げたボーダー柄のミニドレスが登場したきらびやかで、少しだけアーティスティックな余韻を残していった