3月 5, 2024
サスクワァッチファブリックス(Sasquatchfabrix.)は、2019-20年秋冬メンズコレクションを発表した。シーズンテーマは、“MATSUROWANUMONO”。権威的な存在に対して従わず、...

バリー

サスクワァッチファブリックス(Sasquatchfabrix.)は、2019-20年秋冬メンズコレクションを発表した

権威に抵抗を続ける“まつろわぬ者”

サスクワァッチファブリックス 2019年秋冬メンズコレクション - 歪みを作り出す“まつろわぬ者”|写真21

シーズンテーマは、“MATSUROWANUMONO”権威的な存在に対して従わず、抵抗を続ける者として定義づけられた「まつろわぬ者」の反骨精神を、歪みや渦の表現によって描き出していく

渦を描く墨流し

サスクワァッチファブリックス 2019年秋冬メンズコレクション - 歪みを作り出す“まつろわぬ者”|写真1

象徴的なのは、シャツやパンツにあしらわれた「墨流し」墨と白の色彩は、決して交ざり合うことなく不規則な渦を描いていく「墨流し」は、和服のような合わせのカーディガンや、ストールにもあしらわれ、ブラックのにセットアップに抽象的なアクセントを加える

ハンドペイント&タイダイ

サスクワァッチファブリックス 2019年秋冬メンズコレクション - 歪みを作り出す“まつろわぬ者”|写真6

さらに、白地に青や緑などの色でハンドペイントを施したジャケットやパンツ、サイケデリックなタイダイのシャツやカットソー、ピリングやダメージ加工を施したパーカー、スウェットシャツなど、ランダムで混沌としたデザインが散見されたハンドペイントのパーカーには、撥水機能を備えたフード付きケープをレイヤードすることで、着こなしにアクティブな要素をプラスした

水墨画のようなカラス

サスクワァッチファブリックス 2019年秋冬メンズコレクション - 歪みを作り出す“まつろわぬ者”|写真3

水墨画のようなタッチで描かれたカラスのプリントも印象的だ真っ白なシャツには2羽連れ立ってカラスが飛ぶ様子が描かれており、見る者に余韻を残す静かな仕上がりにまた、ウエストに紐を配した、ゆったりとしたイージーパンツやジャケット、ブルゾンには、多数のカラスが飛び交う様子を躍動感とともに描き出している

和服のようなパターンのアウター

サスクワァッチファブリックス 2019年秋冬メンズコレクション - 歪みを作り出す“まつろわぬ者”|写真30

アウターは、温かみのあるツイードのラップコート、ボアの半纏ジャケット、襟の部分を和服のようなパターンで切り替え、緩やかなフォルムに仕立てた羽織りダウンコートなど、和服を思わせる、直線的で流れるようなシルエットが多数登場しているノーカラーコートやニットジャケットには、合わせの部分に交差させるようにしてストラップを配置バリー ダウンコート コピー前を開けたままでも、服の形をきれいに保ってくれるバリー コピー